カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もなかなかのべいだ~具合な私。

さて、近々「きちんとした」演技を作らねばならないのですが、どういう方針でいくか考え中です。

そのヒントになるかと思い、今日、新しいジャグリング道具を仕入れました。







teoke
手桶君です。





これで、バケツアンドボールに連なる、新たな境地を開拓できれば…!

ついでに映っておられるのは、我らがジャグリングの集まり、「ボールぽこぽこ」、略して「ボルぽこ」のTシャツ、「ぽこシャツ」です。
…シャツのネーミングうんぬんは別にしてですね(笑)
なかなかいい仕上がりです。と言うことを、着てみて認識しました。
いやはや、いいですねえ。
スポンサーサイト
「帰国会見」
短いながらもカ行の文字が過不足無く全て含まれている素敵な言葉ですね。


べいだ~です。もう冒頭で言いたいことは全て言ったようなものなんですが、(いやいや)
えー、お知らせ、というか、報告、というか、ニュースです。

最近関東圏(といっても神奈川県民ばっかりですけど)のジャグラーが集まる「交流会」を、定期的(とはいえ不定期という矛盾)に行っているのですが、その交流会の詳細が日本ジャグリング協会発行誌の「Shall We Juggle?」(以下SWJ?)にて、掲載されることとなりました~~。
発行は3月予定とのことです。わーい。

あ、詳細といっても、私が書いた極めて限られた情報ですが(笑)

しかしその記事にここのアドレスも載ると思うので、これから交流会関係の記事が常に先頭に来ると思います。何分はっきりとした交流会関係の連絡先がないもので。

もとはといえば湘南高校ジャグリング同好会の提案で始まった(はすです、たしか)交流会なのに、私が独断で紹介文を書いていいのかどうか少し逡巡しましたが、特にその逡巡の甲斐も無くぱたぱた書いちゃいました。関係者の方々、ごめんなさい(笑)


…ですが、二年ジャグリング協会の会員を続けているはずなのに、SWJ?は今回で一冊めです。やっぱり去年発行してないですよね。あ、いや今更どうこう言いませんけど。


掲載、楽しみです。

交流会に関しては、こちら
しばらくのお休み、失礼しました。べいだ~です。
今に始まったことじゃないですけど(笑)
まあ、「たまに」かくにっきですので。

じゅんぺい氏とのコラボビデオなんですが、完成はもう少し先になりそうです。
ええ。
ちゃんと作る予定ですのよ。

とにかく、デジカメがいつも自分の手元にあるわけではない状態なので、なんとも言いがたいです。
気長にお待ちください…。

ただ、一回かかったエンジンは、切ってしまうとまたかけるのに労力がいると言うか…。
やっぱり鉄は熱いうちに打たねばなりませんね。

勢いだけで作る作品も好きです。


うーむ、どうしたものか。
どうせ時間をかけるのなら、カメラワークとかも工夫したいですね。

vid


ドーパミン。じゃなくてこんばんは。

ビデオの予告編でも作ろうかなあと思ってたんですが、作りませんでした。


…まああまり意義はないんですけどね(笑)


それより、もっと身の回りのことでやることがあるのでした。

あ~あ。
はい、どうも、べいだ~です。

今日は、かなり実りのあった日でした。
3ボールのアイデアの浮かぶこと。


なかなかいいビデオが取れるのではないかと自分でも期待しています。

それぐらい革新的です。

…たぶん(笑)

名前だけ列挙しますと、

・モンスターボックス
・モンスターシャワー
・回避する
・合掌落とし
・べいだ~ファクトリー(株)
・うでいずみ
・ボクサー(Boxer)






まだあったような気がするくらいです。
こんなに短時間ということを考えると史上最多かもしれません。


そのうちビデオにて発表しますので、乞うご期待。


じゅんぺい君も大活躍ですよ。
えー、どうも。
べいだ~ですことよ。


今、私は悩んでおります。しかし、何に対して悩んでいるのかが分かりません。
…そんなこと言われても、という感じではあると思いますが(笑)

皆さんにもそういう経験はあるのでしょうか。


これは…なんだか、泣きたい気分なのに、泣けない時の中途半端な気分に近いですね。
このもやもやした気分が嫌であることの原因には、これが一時的なものなのか、これからずっと背負っていくべき悩みなのか、その区別がつかない、ということがあります。

どうなのか。

いままでも何回もこの気分にはなっていますが、そのたび、脱却するのに時間をかけています。
その方法は、自分で悟るということはほとんど無くて、大体が本を読むことです。それか、場合によっては、友達と馬鹿な事をしている時に、不意にどうでもよくなるか、です。

このもやもやは、学校が終わってすぐには、帰る気になれない気分にもすごく似ています。いやむしろ、同じなのではないかと。




あとあまり関係ないかも知れないんですが、最近妙に自分の「短期記憶」の能力が希薄になってきているような気がします。あと、時間が経つのも妙に早いですね。



うーん…。


みんな、今の時期って悩むのだろうか…。




…生身の体験が減ったからか。



うわあああ。

「やられた!!」って感じです。
こんなに悔しい思いをしたのも久しぶりです。

うふおおおお。

ラグ君によるコア・ボール映像。


ちくしょおお~。


何かに目ざめました。



これから奥華子の「TIME NOTE」を聞きながら、一つ演技を完成させます。


ちくしょおおおおおおおおお!!!
今晩グー!!べいだ~です。
雪板(スノボ)の影響で、体中がまんべんなく痛いです…。
なんだか首が異常な程痛いんですよ…。

曲げるのも、寝た状態から起き上がるのも勇気がいります…。



なんだか、「健康」の良さを身に染みて感じております…。
20090203201900
こんばんございます。一昨日から夜行バスでスノーボードの旅に出ておりまして、今帰りのバスにゆらゆら揺られています。

大学生でもないのになんだ暇だなぁなんてお思いのかたもいらっしゃるでしょうか。
えぇ、まぁ実際休みだから行っているのですが、これが受験前最後の、主だった遊び旅行です。今受験の方々は忙しいでしょうに…(笑)
ま、私も来年度は同じ思いをするわけですが。この旅行を最後に、気を、キュッと、踏みしめた雪のように引き締めたいと思います。

今回行ったのは、長野の斑尾高原というゲレンデ。
スノースポーツは今回が二回目のため、いまいち基準はわかりませんが、なかなか良いゲレンデだったのではないかと。満足しました。

小学生以下は無料らしいですし。

前回ゲレンデに立ったのが、三年前、2006年の、確か11月だったので、雪に対する感覚を覚えているかどうか。
まぁ前回はスキーで、今回はスノーボードではありますが。

滑り始めの感想としては、まず「滑るなぁ」でしたね。まぁ滑らないゲレンデなんて詐欺ですけど。
でもやっぱり、スキーとスノボは違いますね。スキーなら、両足はそれぞれ独立して動くのに加えて左右どちらの脚に重心を加えても正しい滑りになりますが、スノボは両足が一定の幅に固定される上に、常に左足(一般的には)前で行かなくてはいけないため、それはもう転ぶのなんのっ。
始めのうちなんか、立っているだけでもバランスを失って、転びます(笑)
しかも、一度止まると、両足固定のため、ぴょんぴょん飛ぶか、ぐいぐい頑張って両足で漕ぐか、イヤなら座って手で漕ぐか、なりしなければならず、なかなか筋肉を使うんですね。
で、完全にストップして、にっちもさっちもDoesn't GOな場合や、リフトに乗る時は右足を外して漕ぎます。この作業の回数が実に多いんですねぇ。

スノボ、操作もなかなか難しいです。まぁ先入観で「難しい」と思っていると、本当にそうなってしまいそうなので変な考えは持たずに始めたのが幸いしたのか、私はストレスは溜まらず。スクールの担当の榎本さん(陽気なおっちゃん!)にほめられるくらいの上達具合ではありました(笑)
操作のコツを色々と思いついたので、記しておきましょう。もしかして、参考になれば…。ただ、正しい形になる保証はありません(笑)

・人にもよるだろうが、かかと側で滑るのは割と感覚をつかみやすく、爪先側(フロント・サイド)でガリガリすべるのはなかなか感覚がわからない。怖くて…。おそらく、始めは一切曲がらない。「左足に体重をかけて!」というアドバイスは多いが、どうしても右足も使ってしまう。そこで、自分で、「『左足の』爪先の下のボードには右に曲がるスイッチが付いていて、かかとの下には左に曲がるスイッチがある」
という思い込みをする。こうしたら、自然に前に体重をかけられて、ある程度うまくいくように。
・それでも、右から左に方向転換する時が怖いので、すぐに方向転換しようと思わず、まずは右曲がりから「まっすぐ」にするよう意識する。そうすると、意外とかかとに体重が乗るので、左に切り替わる。きっと乱暴な言い方でしょうが(笑)、というか私だけかもしれませんが、普通にまっすぐ滑ろうとすると、基本的に左にちょっとずつ寄る、と思っておいていいかもしれません。特に、バックサイドが簡単に感じるという方はそうなのかも。

まぁほかにもあるんですが、あとはやっぱり自分なりにしっかり考えて編み出すしかないでしょう。たぶん。目標意識をもってやるのは大切ですね。

しかし、今回泊まったホテルの食事の少ないこと(笑)あれに加えて、運動量豊富なスノボでは。

こりゃー一週間も続ければ痩せるわ。

というわけで、さっき初めて、パーキングエリアでしんげんもちを食べたべいだ~でーした。
ベイディングです。今日は本を沢山買いました。
たぶん自分史上最多かも知れません。あ、でもブックオフでもっと買ったことがあったかな…?

買ったのは、まぁ参考書だの雑学の本だのですが、新品の本を買い込むと不思議と気分が高揚しますねぇ(笑)
なんでもかんでもブックオフ、というのもあまりよくないかもしれないなぁと思いました一日。

それでなんですが、本屋にて、たぶん五年ぶりくらいに会うであろう知り合いに遭遇したんです。
どうなんでしょうな、声をかけるべきだったんでしょうか。

今になってちょっと考え直しております。うむむ。

やっぱり一言くらい「うぇぇ」とか言えばよかったなぁ。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。