カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。だか、こんばんは。だか。

べいだ~ですよ、皆さん。いまさらですが。


いきなりですが、これから、日毎の日記を日曜日にまとめて掲載するという形式にしたいと思います。
(※中止となりました。8月1日付記)
別段深い意味は無いです、はい。

金曜日

髪を切りました。

美容室で指名なんかするのは初めてでしたなぁ。


もちろん指名したのは、前に「ポイをやってる」と言った、Oさんです。
Oさん、話し上手です。

本当に(笑)


さて、それはいいとしまして。
髪を切られてる最中って、嫌でも自分の顔を凝視することになりますよね。(まぁもちろん、たまに視線を落としたりとかはしますが)
そうすると不思議な感覚が襲ってきて、自分の顔が自分の顔に見えなくなってくる瞬間がやってきませんか?(笑)

えぇ。


これって、誰しもある体験なんじゃないでしょうか。

なんだか、ふっと、
「今自分は誰を見てるのか?」
という気になる。


ちょっと突き詰めてしまうと、
「自分って『どこにいるんだ?』」
という根源的な疑問が俄かに湧いてくる。


これは特に、洗面所で鏡を覗き込んでいる時よりは、髪を切られている時のような、「自分で顔に触れられないとき」に顕著ですね。

なぜかといえば、おそらく、そういう時に、自分の顔の存在を確認するすべが視覚しかないからだとは思うんですが。

今自分が見ている者(『もの』?)が、『他者』として認識されてしまう瞬間。

『自分』という他者を、自分で見ている。

ここには、矛盾と言うか、堂堂巡りの問いがあるわけですね。

「自分を見ている」
という一文には、『見る行為を行う』自分と、『見る対象』の自分が二人いるわけで、そのどっちが自分か?
と聞かれたら、うーん(笑)
この感覚が、脳科学者の言う『メタ認知』状態なんでしょうかね。


脳にとっては危険な状態らしいです。


そして、そういう時って、決まって自分の顔が妙にいびつに見えるものです。




でも世の中のものは大体そうで、よくよく、よーく凝視すると、全てがぎこちなく見えてきますね。





これは一体。



もしかすると、人間には

「認識をあいまいなままで『あえて』止めておく」

機構があるのかなぁ…。





と、いう、まぁ疑問を持った午後でありました。








…えぇ、確かに最近茂木さんの本は好きですよ(笑)
スポンサーサイト
今週は図書館に通い詰めでした。
学校が終わると、家までの電車を途中下車して図書館、という流れが出来上がってました。

室内とはいえクーラーが若干弱いので、暑いと言えば暑いんですが、いや、これが快適でして、虜になっちゃってます。クーラーが弱いのは、なんだか分からないですけど「えこ」の流れですかね。

はやりの。

区役所に隣接してるし…(笑)


そういう地元の自習室には、
「お馴染みのメンバー」
ってのがいるんですね。ええ。

私が図書館に行くと十中八九来ている、あるおにいさんは、タンクトップを着ている姿しか見たことがありません。

タンク」と密かに呼んでます。




あとは、3分に一回伸びをするひげぼうぼうの受験生。







のび太って呼んでます。





毎年この季節が来ると、何か哀愁のようなものを覚えます。

夏だからもっと元気な、発散するような感情のほうがふさわしいんじゃないかとも考えられるんですが、そういうこともない。
特に中学生の頃からなんですが。
終業式の日あたりを境に、哀愁を感じるようになっている。

今、私の家の外で夏祭りをやっています。
地区会会長らしきおじいさんが、マイクで夏祭りの22年の沿革を話しているのが聴こえます。



さてさて、
音頭も聴こえてきて、いよいよ賑やかになってきましたね。


この哀愁は、

「忘れたくない」
という表現が一番しっくり来るかもしれない。



さて果たしてこの感情は、ネガティブなものなのか、ポジティブなものなのか…。







夏、大好き。
どうもどうも。お久しぶりです、べいだ~です。
閲覧者数が面白いほど急降下してますが。




おこたんぺさん。
日本ってやっぱり、外国人から見るとこういうイメージが一番強いんですかねえ。

まあタバコは大嫌いですが、吸ってる人を恨んでいるわけではないです。

…吸わないでくれればそれはいいんですが。



でもって、今日久々にナランハのHPを見て知ったんですが、いよいよナランハも「別方面」に手を出し始めましたねえ…。
いや、まあシャボン玉をジャグリングショップの方で売り始めた時点で何か変な感じを受けてましたが(笑)

全4回の講習を有料でやったり、「ジャグリングバッグ」なるものを売り始めたりしてます。
今までにあったんでしょうかね、こういうことって。
いや、別に悲観しているわけではないですけど(笑)

とにかく、ジャグリング界の益々の発展を願って。



…あ、そろそろ「あの」美容院に行く頃だ。
自分は、精確に物事を捉えるのが得意でない、ということが、最近ようやく実感を伴って理解できてきました。


この間、5センチの髪の毛が目に入った、という話を友人にしたんですが、よく思い出してみたら1センチぐらいでした。


この間、エアコンの修理屋が家まで来てくれたんですが、何年ぐらい使ってるかと聞かれて、1年経ってないんじゃないかなぁとか答えたら、確認すると、買ったの5年前でした。



日記なんか絶対に毎日はつづかないし。

ノートだって、同じフォーマットで一冊通したことなんてまず無いし。


思うに、自分は「雰囲気と雰囲気を結び付ける」のが得意なのかなぁという気がしてきました。

その辺りは思い当たる節があって、会話をしていても、「だってさー、○○○○○○○○○○でもる○○○とかはクル○○ぬ○○○だったもんね。あれ?そうだよね?」
みたいに全然聞き取れなかったとしても、「え?」と言った瞬間からぐるぐるぐるぐる考えて、強引に解釈すると、割と合ってたりします。

…まぁとにかくこれからは、そんないい加減な私でも、いや、いい加減『だからこそ』できることを見つけていきたいと思います。




いじょです。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。