カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、パソコンがまたつながりました。
だからなんだってんじゃないんですけども(笑)



さて、いきなりですが、

もしかして自分は「かつて死んでいた」んじゃないかということを思いつきました。
いや、ただ思いついただけですが(笑)



なぜまたこんなけったいなことを考え出したかと言うと、
つまり、自分には「生まれる前」があるわけですね。
で、その「生まれる前」自分はどこにいたのかと言うと、また変な話ですが、「いない」わけですね。

(ちなみに自分が生まれる前はまだしも、「父母の生前」なんてとこまで遡りますと、
自分が将来的に「存在し始める」ことすら信じられんですが…。)

…で、死んだらどうなるかというと、やっぱり「いない」わけですね。


うーん、となると、
まあ生前の「いない」と死後の「いない」が同値であることが前提ですが、
もしかして自分は生まれる前は死んでたんじゃないか、とも言えてしまうんですね…(笑)

この論理だと、自分は「万人の生まれ変わりである」という命題もまた真になってしまうのですが。
いや、まあみんなそうなっちゃいますが。


そしてここで浮き彫りになるのは、やっぱり「自分」は死なないというか(逆説的ですけど)、自分が死んだことは自分は確かめようが無いんだな~ということですね。



…まあ、だからなんだ、って感じですが(笑)


ただそう思うと余計な心配が消えると言うか、「別に死んでも、生まれる前に戻るんだな~」
と、まあ若干楽に過ごせる、ということはありますね。





えーとまあ、「世界は分けてもわからない(福岡伸一)」という新書をようやく読んで
(なんで「ようやく」かというと、これ、今年の夏ひとしきり流行ったからですが)
こんな事を考えました。もし既に読んだ方がいたら、「この本と関係なくないか!?」とおっしゃるかもしれませぬが(笑)

まあ、あの、色々考えたらそうなっちゃいました。


福岡先生の本、やっぱり面白いです。
スポンサーサイト
こんばんは。

ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

べいだ~でございます。
コメントにも返信ができませんでおりました。ごめん、じゅんぺい。
もーブログどこじゃなくなってきました。


さて先程まで放送されていたサザエさんの実写ドラマが予想外に傑作で、なんだかあたたかい気持ちになってます。

2時間半たっぷり観てしまいました。



今回のドラマは(いや、まぁ前回はありませんけども)観ていてどの役も自然に演じていたような感じを受けました。
なんだか楽しそうで。
キャスティングがよかったです。
よく見たら顔なんか全然違うんですけど、人柄が、アニメを観て普段想像している感じに近い人を選んでいましたね。


観月ありさサザエさんも、なんだかはまってましたねぇ。
本人がどう思っているのかはわかりませんが…(笑)
カツオの男の子も上手かったし。
竹下景子フネさんも。
田中裕二ノリスケも好きです。
鶴太郎波平も、まぁやりすぎじゃないかと思ったりもしましたが、観ているうちに、むしろアニメの波平よりも漫画の波平に近いような気がしてしまいました(笑)
考えてみればサザエさん、「ギャグ漫画」ですからねぇ。
アニメのほうがちょっとアットホームすぎるのかも知れません。(いや、あれはあれで好きなんですけど)

そうそう、スペシャルの中のアニメでは磯野家が万博に行く回(当時放映のもの)をやっていたんですが、なかなか興味深かったです。あんな絵だったのね…と。

漫画と同じタッチでした。


いや、本当に。印象的でした。タラオがあんなに挑発的だったなんて。
もっと観たいな。



なにはともあれ、もし見逃した方々、あれ(アニメもドラマも)は何らかの手だてで観ておいたほうがいいのではないかと思います…。

サザエさんの人気の秘密って色々あるんでしょうけど、「家族愛」なんて仰々しいテーマを標榜しなくても、実際にいつも見ている人は、もっと何かとらえきれないものを分かってますよね…。
私は何が好きかってぇと、カツオに一本通った「筋」なんであります。

今度から「尊敬する人は?」と聞かれたら真面目に「カツオ君」とでも答えようかと思います。

下手な道徳論よりまずサザエさん也。
最近睡眠に関係したことばかり書いているような気がしますが、昨日は金縛りに遭いました。

いやぁ、自分が金縛り状態にあることをはっきりと自覚したのはこれが初めてかも知れません。


意識が無くなるか無くならないかの間にあった時、なんだか自分の後ろ(寝ているときの、背中側)の方で誰かがしきりに紙を破いている音が聞こえたんですよね。でも真後ろといっても、後ろはすぐ壁になっていて、人がいるわけ無いんですが。
なんなんでしょう。
で、それを確かめたかったんですが、後ろを向こうとしても向けない。
2、3分格闘して、勢いこんで力を込めたらぐいっと後ろを向けたんですが、(ところがそれも、誰か別の人が後ろを向いたような感覚で…この感じ、わかりますか…)まぁ案の定何もありませんでしたが。

夢と現実両方が交じったような世界でした。

しかもそのあとなぜか自分が「ふはは」と笑ったんですよね…。(いや、本当に)


夢だったのか?(笑)


それにしては現実味がありましたが。


うーん、確かに紙を破いている音は聞こえたんだよなぁ。


何かの思い込みによる恐怖が先にあって、そのせいで金縛りにあうのかもしれません。


いやー、めずらしい体験でした。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。