カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。揺られてます。べいだ~です。



最近、ジャグリング初心者だったころの心境を思い出そうとしています。
そう、あの、ミルズメスに悪戦苦闘していた頃。


というのは、
今になって思うのが、やはりある程度技ができるからこそ、改めて初心に返らないと新しい技に対する意欲が沸いて来ないな、と思ったからなんですね。


思えばあの頃は随分と熱心にやってたものだ…


もう、あの頃のミルズメスや2ディアへの憧れといったら(笑)
単純な「憧れ」なんて言葉じゃ表せないくらいの気持ちで取り組んでいたような気がします。



そんな気持ちを持っていたからこそ、熱心に動画を研究して、試行錯誤を繰り返して、やっと出来るようになったときなんかもう一人で
「うおおお、うおおおおお」
とか叫んでましたから(笑)(恥ずかしいですけどほんとの話です(笑))



そんなジャグラー一年生のころの気持ちを忘れずに、新しい技に取り組んでいきたいな。
スポンサーサイト
こんばんは。
べいだ~だったりします。

今日は横浜にある大型動物園、ズーラシアに行ってきました。
10年ほど前、まだ「オカピ」というワードがそんなに有名でなかった頃(今でも有名なのは横浜の中だけかもしれませんけども)に友達の家族と一度行ったきりで、ほとんど覚えていないといっても過言でない位のブランクを経ての久々の来訪。

まず第一の感想は、

「こんなにしっかりつくりこんだ施設だったんだ!!」
ということ。

まるでディズニーランドのジャングルクルーズの様な。
いや、こっち(ズーラシア)の方が「リアル」ですけど(笑)

そして第二の感想は、
「広いな!!」

歩くと無駄に文句をおっしゃる大人はしかり、子供にもきついでしょう、そして大学生という盛りのワタクシにも歩くのが長く感じました。
まぁ山とかに比べたらそりゃなんでもないですけど、どーも。


とにかくそのいろいろな意味での「大きさ」を実感し、また動物とも触れ合い、(触れてないですが)楽しい一日でした。



特に後半に現れる「ヤブイヌ」!!!!
この可愛さといっちゃー


もう。

あの4頭一列に並んで走り回る姿の愉快な感じといったら(笑)

一緒に行ったじゅんぺい君たちに
「異様」
と称されるほどに見入ってしまいましたぞ。




そんなこんなで本当に満足の一日でしたとさ。
すまいりーとも久々にしっかり話せたぞうo(^-^)o
JJF、やっぱりステファンの奥様もいらっしゃるんですねー
いやあ、楽しみすぎてやばいっす。
きっとチャンピオンシップの日のここは異常な盛り上がりを見せていると思います(笑)

べいだ~です。


先日、大学のサークルのTシャツを作りました。
デザインを考えるのに、いろいろとすったもんだありましたがなんとか完成。
と、それをやっている最中にふと思ったのが、
サークルのブログでも作ったら面白いのかなあということです。
経過報告とかできるしなあ。

うーん、でもどうなんだろう。


ベタだしなぁ(笑)


まあ、何か新しいことを提言したいですな。




さて、昨日の茂木さんの講演を踏まえて何か行動ができないかと思っています。

昨日の講演は、簡単にいえば、日本の大学というのはどこもグローバルな視点なんか皆目持っていないということで、それをたとえた「ガラパゴス化(まぁガラパゴスの動物に失礼な話ですけど、とは茂木さん本人談)」というワードを頻繁に用い、いかに日本の大学が国際的な視野に欠けた、ローカル過ぎる制度であるかを指摘していました。




私としては、自分が学問ができて、それで満足できればそれで良いようなところがあるのですが、(情熱が無いのか、といったらそうではなく、ただそんなに大学そのものが重要でないような気がしているので…)
やはり全体のことを客観的に見たとき、
学生の多くがいきいきと学問にいそしむような制度をつくるには、大学の制度を変えていくべきなのでしょうね。
とくに、やはり茂木さんがおっしゃるような、新卒一括採用をもういい加減やめるとか。(「なんなんですかね、あれね。新じゃがみたいなね。大学卒業してから何年か経つと人間は腐るんですか?」茂木さん談)

確かに。

ワタクシ、シューカツなんてものをしたくないとです。へえ。
さてこんばんは、べいだ~です。
今日はいつにもまして絶好調。

なぜか…


それは、本日あの、私の敬愛する脳科学者(という肩書もいかがなものか)茂木健一郎氏の講演会が学校で開かれたからなのですっ!!!

そのためワタクシ、とるものもとらず、何はさておき、寝る間も惜しんで(これは違う)聴きに行ってきましたとも。






いやあ。






圧倒されましたよ。
(↑本当は特大の字にしたい)





何と言っても、あのユーモアのセンス。



「『いやあーなんとか先生学部長に昇進だそうですぬぁ~』『いえいえなんとか先生の方こそ、今度受賞なさるみたいでへへ…だはははははは』とか海外行ってやってんだよもー…ばかでしょ!?ねぇ?思いません?」と声色を使ってコントをやる瞬間なんか、
最高に痛烈で、表情筋の緩みを押さえられんとです。本当に(笑)



前から面白い方だとは思っていましたが、あんなにも面白い、Interestingだけではなく、Funnyな方向にも爆発的に面白い方だとは、なんとも惜しいことに、知らなかったです…。


しかし!!!!


今、大学1年生といううちから知ることができただけで

もう、幸運と思っておかねばならないでしょう。



何しろ、少なくともこの大学という限られた制度が異常にガラパゴス化した日本で、という意味で、直接「気兼ねなく」毎週授業が受けられるんだもの。




これから、もっと鋭い質問を茂木さんに浴びせ、
いつか困らせて見せます。


なんかやってやる、なんか。
JJF2010、今年もフリーパフォーマンスの時間があるはず…


うーん、何か用意しとこうかな。
今日は前置きはありません。

という前置き。
べいだ~です。
スイカバー食べましたか?



さて、例年日本各地で開催される
ジャパン・ジャグリング・フェスティバル、略してJJFが、今年は中国で開催されます!もとい、中国地方は山口県で開催されます!!



去年惜しくも参加を逃したべいだ~も、今年は神奈川から山口県まで、わざわざ参戦。
大学のジャグリングサークルの友人達と。

いよいよ残り日数も一ヶ月近くに迫り、どのくらい盛り上がっているのかなあとGoogleで検索してみて、やっぱり!!


別にそんなに盛り上がっていませんでした。


なのでこのにっきが
「JJF 2010 ジャグリング 山口」
で検索したときに
公式ページの次に出てくるように頑張りたいと思いますよ。という。無駄な向上心。


たぶん皆mixiやらなんやらで盛り上がってるんだろうな。


しかし私はmixiをわけもなく毛嫌いしているので
縁の無い世界なのです。



ちゃーー



ままま、
というわけで、頑張ってJJF2010リポートをしますので、皆さまお時間許すかぎり、読んでくださいましよ。




参加予定としては、当日の朝に現地入り、少し観光でもして、JJF自体はチャンピオン湿布、じゃなかった、チャンピオンシップからです。


しかしJJFの目玉企画ってーのはともするとチャンピオンシップですからねえ(笑)



いやはや、楽しみだな。

あの華麗に踊る彼も出るっていうし。



あっちの弾いて踊る彼も出てくれるのだろうか。


出てくれたらいいな。







そして色々楽しみがある中なんといっても楽しみなのが。






すてふぁんしんぐ!!







しかもそこはかとなく耳にしたところによると、奥さんと同行なさるそうで…?





彼、ステファン・シングが奥様と一緒にどんな演技、ジャグリングを見せてくれるのか。

というか、その前に本当に奥さんと一緒に演技を見せてくれるのか。

非常に楽しみなところです。

うふふ。


しかも奥様どうもイタリア人だと言うでは無いですか。




ここはひとつ、わたしの拙いイタリア語をなんとかスリガラスくらいまで磨いて何か話し掛けてみたいと思います。



うふふ。


まあイタリア人だからってイタリア語話すとは限りませんけども…



とにかく!!!





何か有意義な交流ができればなあと強く思います!











引き続き、JJFまでの準備リポート書いていきますぞ。

応援コメント、JJF2010参戦表明、JJFマル秘情報、文句、苦情、叱責、罵倒…はさすがにご遠慮ください。などなど、すべてお待ちしてますo(^-^)o
世界にその一冊しか読む本が無いのだと思って読む。
最近なんだか釈然としない日が多々あります。べいだ~です。
まあものすごく個人的なことなんですけど。


大学生になって勉強が自由になった分、何をするか迷ってばかりでなかなか実質的な勉強に踏み切れていません。

バイトもしてみたいんですが、勉強する時間があるのにそれを潰してまでするのってどうなんだ、なんて思ってしまいます。


ひがみ



あ、ひがみか、これ?




いや、チガウトオモイマスが。



さて話変わって。
JJF2010、参加決定しましたーー!!

わーわー。

というわけで、これからしばらくはJJFモードで盛り上げていきたいと思います…がっ!!!


我が家のPCはとんでもなく動作が遅いために、PCによる本格的な更新はできなそうです。

代わりに、この電子携帯会話機で更新していくと思います。

はたしてこれでステファンの魅力を伝えきれるか!?(笑)

お楽しみに。
「今」「すぐに」わかることよりも

あとから「はっと」気づくことの方が、より理解が深い気がする。



辞書は、
「今」「すぐ」にわかってしまう。

しかしそれでは、脳は「もう忘れていいや」と判断するらしい。
ある意味
「その場しのぎ」
なのである。



対して調べずに
じっと我慢し、とにかく膨大な読書量を重ねた上で
「経験で」理解した瞬間というのは、
その単語なり表現なりを
初めて見てから
はっと意味を了解するまでの間

ずっとそのことを考えていたのと同じになる。
その点で、その単語なり表現なりは忘れがたいものとなる。

わからないものをとりあえずわからないまま放っておいて突き進む

勇気

を持つべし。


量は質に、いつか転換する。
福島の田舎に来ています。

といっても帰宅は今日。

実際には一昨日到着していたのですが、ゆったりとした時間に浸って、更新のことなど忘れていました。


家でだらだらと過ごしたり、かと思えば畑であくせく働いたり、色々しました。
なんだか癒されたなあ。
これで携帯の電源をずっときっときゃ良かった。


しかし癒しについて気付いたことが。


今回の旅のお供にmogidas(前々前回記事参照)を持って行ったのですが、そこで

癒しとは相対的であり、全体性回復のプロセスである

ということばで、
つまりこれは
自然あふれるcountrysideに行くことだけが癒しなんではなくて、その人に欠けているものを補うことが、一般的に「癒し」なのだ
ってことでしょうけど


とにかく、
これによって
やっぱり「自分の中には」自然が欠けていたんだなあと思い起こしました。
それと、「静かな時間」。




気づかないうちにまじりっけなしの都会人ライフに浸っていたんだなあ。
何かやりたければ、「正気に戻らない」のがいいかもしれない。
すごいことをやりたいぞって思っている人はたくさんいると思う。
でもできないぞって人が多いと思う。
そういう人に何か発信できないかな、と思う。
自分もその一人だから。


うにゃーー
先日、茂木さんとBRUTUSがコラボしたこんな本を見つけ、茂木健狂の私は早速読み耽りました。

もう、かっこいいなあ、茂木さんは。

私もこれから英語での発信を増やしたいと思います。

まだこの本はできたてほやほやのようなので、気になる方はぜひ…


どうも、わけあってこんな時間です、


前回の記事に
「そんそん決めていかないとなあ」
という謎の言葉が書いてあるのを発見し、もはや末期だと覚悟したべいだ~です。




先日久しぶりにジャグリング交流会(もはや「交流会」ではないが)が開かれました。

当日は天候にも恵まれ、いや、恵まれすぎたといった感じ。

日焼けがすごいです。

おかげで大多数が交流会に来ておきながらジャグリングをすることを拒み、涼しい木陰で、飲み物を飲みつつ談笑という光景が多々見受けられました。

まあ集まって交流していればそれでいっか。

あはは。




さて、やっぱり久しぶりにしばらく会っていなかった友だちに会うと色々な変化があるもので、3ヶ月くらいしか離れていなかったはずなのですがなんだか印象が変わっている人がちらほら。

いや、別に悪い意味で言っているわけではないんですが(笑)

ただひとつ思ったのは、
大学という場所は、人を変えるものだな、と。
やはり同じような志を持った人たちが集まるということや人間関係の自由さなどから、付き合う人がよりspecifyされるのでしょうね。
なんというか、人柄がよりくっきりするような気がします。








そんな中自分はどう変わったのだろう。

















もっと、より、「自分の好きなこと」を目指して。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。