カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちら、是非お読みください。
ぼくが18歳だったら…クオリア日記(茂木健一郎)

なんだか、ちょうどワタシが問題にしているようなことを書いてくださいました、茂木先生は。

しかし今回に限らず、茂木さんは、「日本の大学は学問をする場としてレベルが低すぎる」ということをよくおっしゃってます。

ワタシの勝手な形容ですけど、茂木さんは全力で疑問と戦っている方です。
そして、知的好奇心を何より大事にする。

まあ、本気で世界の成り立ちを疑問に思い、それを問うている人にとっては、社会の中の固定観念なんか本当にジャマですから…。
で、たまに、「あの人は変わったこと言えばいいと思ってる」とかなんとか言う人がいるんですが、うーん、ナンセンスだな、と私は思います。
そういう人は、たぶん本気で自分の存在の不思議と対峙したことが無い人なんだと思います。
自分の存在の不思議と「本気で」対峙する人は、ああいう一線を画した発言の必要性も分かるものだと思います。
ああ、ん?一線を画したと言いますか…。何か違うな…。

とにかくワタシは、茂木さんのそういう生きかたを尊敬し、かつそういうふうに生きたいと思っています。
あ、いやいや勿論茂木さんの意見なら全面的に支持!!と言う意味ではありませんが。
少なくともあの知を追い求める姿勢を尊敬します。

自分の中からこみ上げてくる「知ること」への欲求の声に素直に従える人間になりたいです。
そのためには、覚悟が必要だとも思います。


うーん、しかし自分にはまだ知の海に飛び込む覚悟が足りない…。
スポンサーサイト

<< 交流会を終えて | ホーム | ほっと一息が幸せ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。