カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JJF、やっぱりステファンの奥様もいらっしゃるんですねー
いやあ、楽しみすぎてやばいっす。
きっとチャンピオンシップの日のここは異常な盛り上がりを見せていると思います(笑)

べいだ~です。


先日、大学のサークルのTシャツを作りました。
デザインを考えるのに、いろいろとすったもんだありましたがなんとか完成。
と、それをやっている最中にふと思ったのが、
サークルのブログでも作ったら面白いのかなあということです。
経過報告とかできるしなあ。

うーん、でもどうなんだろう。


ベタだしなぁ(笑)


まあ、何か新しいことを提言したいですな。




さて、昨日の茂木さんの講演を踏まえて何か行動ができないかと思っています。

昨日の講演は、簡単にいえば、日本の大学というのはどこもグローバルな視点なんか皆目持っていないということで、それをたとえた「ガラパゴス化(まぁガラパゴスの動物に失礼な話ですけど、とは茂木さん本人談)」というワードを頻繁に用い、いかに日本の大学が国際的な視野に欠けた、ローカル過ぎる制度であるかを指摘していました。




私としては、自分が学問ができて、それで満足できればそれで良いようなところがあるのですが、(情熱が無いのか、といったらそうではなく、ただそんなに大学そのものが重要でないような気がしているので…)
やはり全体のことを客観的に見たとき、
学生の多くがいきいきと学問にいそしむような制度をつくるには、大学の制度を変えていくべきなのでしょうね。
とくに、やはり茂木さんがおっしゃるような、新卒一括採用をもういい加減やめるとか。(「なんなんですかね、あれね。新じゃがみたいなね。大学卒業してから何年か経つと人間は腐るんですか?」茂木さん談)

確かに。

ワタクシ、シューカツなんてものをしたくないとです。へえ。
スポンサーサイト

<< ズーラシアは広かった。 | ホーム | 茂木さんの講演を聴いてきました!!! >>

コメント

No title

学生の教育についてはもう大学がどうこうする話じゃない気もするけどなー。機会だけ与えてくれるものみたいな感じするし。
あ、新卒採用はやめてほしいね。よく分からん慣習だよ。

ひさしぶりだね。

新卒採用に関して茂木さんの話で特に面白かったのは、
「今ではもう顔写真や、年齢だって履歴書に載せることを人権侵害だと考える国だってありますからね。」
という話でした。

日本じゃ写真付き履歴書、ましてや年齢なんて書くの当たり前ですけども…。
まぁしかし経営する側としてそういう情報が気にならないといえば嘘になろうけど…
「個人の履歴」に関して、今ある凝り固まった価値観を考え直す価値は十分にあると思うね。
「履歴書に穴が開く」というような表現が無くなって、つまりそんな「誕生から就職までどこかに所属してきている」ということなんかを盲目的に重視するのではなくて、もっと実質的な要素を見て判断するような体制になるようすべきだ~。

まぁとはいってもあんまりわたしはその辺りの事情について深く知っているわけではないのですが。(ほぼ当事者でありながら)



しかも重要なのは結局自分自身が「やってやる」という意志を持つことだとは思うけどね。


今必要なのは、「大学」とかそういう狭い範囲に限定した考えだけじゃなくて、もっと「小学校から」、つまり教育に関して全般にいかに日本人が固定観念を持っているかを今一度気づき直すことかもしれないね。
固定観念があるときというのは、自分が固定観念を持っているということすら気づいていないものだと思うから…

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。