カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

べいだ~

Author:べいだ~
~まずは挨拶~

「たまにかくにっき」管理人のべいだ~です。
このにっきを見てくださってありがとうございます。
現在のべいだ~最新ジャグリング動画です。
なかなか長い(7分半)作品ではありますが、お時間ありましたら是非ご覧下さい。↓
りょこうじゃぐりんぐpart3 「E・Z・O(えぞ)」



べいだ~です。
ジャグリングについてのにっきのはずだったんですが。
脱線します。
…いや、元々レールなんてないんですけどね。

時にはレールが無いと迷いすぎて寂しくなりますね。



注意:当ブログにおけるコメントは自由ですが、管理人が不適切と判断した場合は予告、報告なしに削除する場合があります。ご了承ください。


↑クリック募金です。クリックするだけですので、お金を払う必要はありません。よろしければ。

通算にっき読者。

最近のコメント

Links((じゃ)ジャグリング(学)内輪)

カテゴリー

にっき検索君

月別アーカイブ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほえます。
べいだ~です。



私はmixiを始める気になれない。

なぜか。

それはなんだかmixiに「違和感」があるから。


それは、何か自分とは異質なものに触れるときの感覚である。
どこがそんなに気に入らないのかと考えてみると、それはひとえにmixiのドメスティック性、つまりなんだか村八分的で日本でしか通用しない感じと、なんだか「皆やってる」感じかもしれない。

「いまどき皆やってる」というのが嫌なのだ。


なんとも古典的な嫌いな理由だが、やはりそういうことなのである。


そして、もしそれでも参加した自分を想像すると、非常に悲しい気分になって来る。


「くだらない集団の輪」に見事にはまってしまったような気分になる。



もちろんそんなことを言ったら色々なところから批判がとぶのは分かっているのだが、何かこの一種格下のものを冷めた目で見るような気分がどうしても拭い去れない。





だがどうせやってしまうのだろうなぁ。



だから、こうやって自分はいつのまにか自分の「信条」を、自分の行動で「くだらないこだわり」におとしめてしまうのだ。




いやだな。
スポンサーサイト

<< アルバイトを通して気づいたことや思ったことを即座にまとめてWebで公開するということについて。 | ホーム | 語学とジャグリング。 >>

コメント

No title

中学生とか高校生の視点的には、最初は嫌だと思っても、大抵のことは「好きな子がやってるから」とか、「友達がやってるから」。
で、深い思慮には至りませんよね。
でも、周りの友達はそんな感じのこと考え始める多感な時期です。

No title

俺は同じ違和感を最近のポップミュージックに対して感じてしまうときがある。。。

俺の場合、なにかこだわりのある分野のものにはそうなってしまうな。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。